次(駅)から次に隠れるつながりを見つけ、つなぎ直す「ツギ_ツギ」は、本物が生き残る町の絶妙なパッチワークを探し、楽しみ、発信するプロジェクト。舞台となるのは、御徒町ー浅草ー蔵前ー秋葉原のあいだにいつもあった町、三筋ー小島ー鳥越=三小鳥(みこどり)。様々なイベントを仕掛けながら、その魅力をコミュニティ・サイクルの自転車に乗って自由自在に「ツギ」たおします!

Image is not available
Image is not available
Arrow
Arrow
Slider

ツギ_ツギ #01
白米モノヅクリ自転車おかず

2月4日(土)12:00 – 17:00
ご飯プレゼント、ものづくり横丁ワークショップ、無料コミュニティ・サイクル

2月5日(日)12:00-17:00
無料コミュニティ・サイクルのみ

※コミュニティ・サイクルで自転車をレンタルされた方には先着150名様限定でごはん一膳とけんちん汁をプレゼント!合わせてお好みのおかずをお買い求めください(魚米・焼き魚、入船・佃煮、大佐和・海苔茶漬け、サクラのカレー)。
※コミュニティ・サイクルで街めぐりを行っていただき、気にとまった街並みの写真を撮影、ガイドに従いプロジェクトサイトにアップしてくださった方には、御徒町、蔵前それぞれで先着100名様に無料のホットドリンク引換券を差し上げます。

気になるモノコトをツギ_ツギすれば見えてくる、新しい町の魅力!その魅力をお伝えするのが「ツギ_ツギ」プロジェクト。第一回は、下町人情あふれる、おかず横丁の「おかず」、実は三小鳥との縁が深いお米「東北194号」。初日に開催の「ものづくり横丁ワークショップ」。開催エリア内3カ所のポートにて無料でレンタル・乗り捨てが可能な「コミュニティ・サイクル」。この4つのモノコトをツギ_ツギします!

HOW TO JOIN

参加方法

開催エリア内3カ所のポートにて無料でレンタル・乗り捨てが可能なコミュニティ・サイクルを利用しながら、おかず横丁でお昼を楽しんだり、ものづくりの現場を体験したり、気になった町の風景をプロジェクトサイトでシェアしながら、三小鳥の魅力を発見・満喫しましょう!

開催エリア内3カ所のポートにて無料でレンタル・乗り捨てが可能なコミュニティ・サイクルを利用しながら、おかず横丁でお昼を楽しんだり、ものづくりの現場を体験したり、気になった町の風景をプロジェクトサイトでシェアしながら、三小鳥の魅力を発見・満喫しましょう!

開催エリア内3カ所のポートにて無料でレンタル・乗り捨てが可能なコミュニティ・サイクルを利用しながら、おかず横丁でお昼を楽しんだり、ものづくりの現場を体験したり、気になった町の風景をプロジェクトサイトでシェアしながら、三小鳥の魅力を発見・満喫しましょう!

STEP #01

自転車をゲット

御徒町・鳥越おかず横丁・蔵前の3カ所のコミュニティサイクルポートで、無料のレンタル自転車とガイドマップ付きパスポートを手に入れましょう。各サイクルポートでは、自転車を自由にレンタル、乗り捨てできます。

以下3カ所のコミュニティサイクルポートで、無料のレンタル自転車とガイドマップ付きパスポートを手に入れましょう。各サイクルポートでは、自転車を自由にレンタル、乗り捨てできます。

以下3カ所のコミュニティサイクルポートで、無料のレンタル自転車とガイドマップ付きパスポートを手に入れましょう。各サイクルポートでは、自転車を自由にレンタル、乗り捨てできます。

STEP #02

おかず横丁でお昼ゴハン

寄り道しながら鳥越のおかず横丁へ。パスポートの提示でゴハンとけんちん汁をプレゼント!(先着150名様限定)さらに老舗魚米の焼魚、入船の様々な佃煮、大佐和の海苔茶漬け、サクラのカレーを、お求めいただけます。けんちん汁で使っている郡司味噌さんの玄米完熟味噌をお土産にしても。(※会期中、おかず横丁にテーブルとベンチを設置しております)

寄り道しながら鳥越のおかず横丁へ。パスポートの提示でゴハンとけんちん汁をプレゼント!(先着150名様限定)さらに老舗魚米の焼魚、入船の様々な佃煮、大佐和の海苔茶漬け、サクラのカレーを、お求めいただけます。けんちん汁で使っている郡司味噌さんの玄米完熟味噌をお土産にしても。(※会期中、おかず横丁にテーブルとベンチを設置しております)

寄り道しながら鳥越のおかず横丁へ。パスポートの提示でゴハンとけんちん汁をプレゼント!(先着150名様限定)さらに老舗魚米の焼魚、入船の様々な佃煮、大佐和の海苔茶漬け、サクラのカレーを、お求めいただけます。けんちん汁で使っている郡司味噌さんの玄米完熟味噌をお土産にしても。(※会期中、おかず横丁にテーブルとベンチを設置しております)

STEP #03

ものづくり横丁で寄り道も

三小鳥は歴史的に、革細工、ボタン、お茶缶、箔押しなど、ものづくりの職人さんが多く集う地域。お昼のあとは、初日に開催される「ものづくり横丁」にて様々な職人の技を見学・体験できるワークショップ(有料)にも是非ご参加ください!また、気軽に楽しめる「福笑いトートバッグワークショップ」(有料)もオススメ。

三小鳥は歴史的に、革細工、ボタン、お茶缶、箔押しなど、ものづくりの職人さんが多く集う地域。お昼のあとは、初日に開催される「ものづくり横丁」にて様々な職人の技を見学・体験できるワークショップ(有料)にも是非ご参加ください!また、気軽に楽しめる「福笑いトートバッグワークショップ」(有料)もオススメ。

三小鳥は歴史的に、革細工、ボタン、お茶缶、箔押しなど、ものづくりの職人さんが多く集う地域。お昼のあとは、初日に開催される「ものづくり横丁」にて様々な職人の技を見学・体験できるワークショップ(有料)にも是非ご参加ください!また、気軽に楽しめる「福笑いトートバッグワークショップ」(有料)もオススメ。

STEP #04

三小鳥を自転車で散策

昔ながらの街並みが残る個性的な三小鳥(三筋・小島・鳥越)、千貫神輿で知られる鳥越神社などを、自転車で縦横無尽に楽しみながら、気になる風景を写真に撮ってみましょう!

昔ながらの街並みが残る個性的な三小鳥(三筋・小島・鳥越)、千貫神輿で知られる鳥越神社、感度の高いお店が集まる蔵前エリア、江戸通り沿いの問屋街などを、自転車で縦横無尽に楽しみながら、気になる風景を写真に撮ってみましょう!

昔ながらの街並みが残る個性的な三小鳥(三筋・小島・鳥越)、千貫神輿で知られる鳥越神社、感度の高いお店が集まる蔵前エリア、江戸通り沿いの問屋街などを、自転車で縦横無尽に楽しみながら、気になる風景を写真に撮ってみましょう!

STEP #05

写真をアップしてドリンクGET

気にとまった街並みの写真を、蔵前か御徒町の指定スポットでスタッフのガイドに従いプロジェクトサイトにアップ。もれなくDANDELIONのホットチョコレート、または谷中珈琲御徒町店のブレンドコーヒーの引換券を差し上げます。(※上記店舗のみ、イベント期間中のみ有効。先着100名様限定)

気にとまった街並みの写真を、蔵前か御徒町の指定スポットでスタッフのガイドに従いプロジェクトサイトにアップ。もれなくDANDELIONのホットチョコレート、または谷中珈琲御徒町店のブレンドコーヒーの引換券を差し上げます。(※上記店舗のみ、イベント期間中のみ有効。先着100名様限定)

気にとまった街並みの写真を、蔵前か御徒町の指定スポットでスタッフのガイドに従いプロジェクトサイトにアップ。蔵前ではダンデライオン・チョコレートの蔵前限定のクラマエホットチョコレート、御徒町ではやなか珈琲店2k540店のホットコーヒーの引換券を差し上げます。(※上記店舗のどちらか一方でのみ、イベント期間中に限り有効。各店舗先着100名様限定。)

Arrow
Arrow
Slider

NEWS

集めよう!三小鳥のクセになる風景

普段気にしていないものの、気づきはじめるとその面白さに探さずにはいられなくなってしまう、ダイヤの原石のような風景、街の営みのきらめき。 思わず「あるある~」と言いたくなってしまう人の痕跡、誰かがそれをにんまり顔でおいている光景が目に浮かぶ置物、座布団一枚と叫びたくなる見事な工夫、根気のいる積み重ねがにじみだした職人仕事、こだわり料理人の忘れられない逸品、偶然の出会いが生み出した日常の中の奇跡。 一度はじめるとクセになる。シェアしたくなる。そんな日常の風景のかけら。

写真を投稿する
Load More...

みんなのツギ_ツギ特製MAP

今回のイベントだけでは伝えきれない魅力がたくさん隠れているのに、自転車で巡る機会がなかなか無いのがこの三小鳥エリア。ツギ_ツギのスタッフがオススメするルートやスポットはその魅力のほんの一部。クセになって通いたくなるような、お気に入りのスポットや路地を探してみてください!

おかず横丁とは

東京下町鳥越のおかず横丁のはじまりは明治末期まで遡ります。今の形に定着したのは戦後の昭和24年のことです。町工場が盛んだったこの地域では、共働きの家庭も多く、家でご飯を炊き、おかずを買い求める人々で横丁は大変繁盛しました。今でも近隣住民やファンのお腹を満たす横丁の魅力は健在です。(おかず横丁ホームページより転載・編集)

東北194号とは

上野が昔は東京の玄関と言われていたように、東京下町の上野・浅草界隈には東北から出稼ぎにこられた方が多く定住した歴史があります。そんな歴史の流れを呼び覚ますのは、2012年にデビューしたササニシキ系宮城米「東北194号」。「ひとめぼれ」に比べて粘りが少なく、柔らかく、ササニシキに近いあっさりした食感・味。寿司屋など和食業界から今、注目されています。(宮城県ホームページより転載・編集)

デザイナーズビレッジとは

台東デザイナーズビレッジは、ファッションやザッカ、デザイン関連ビジネス分野での起業を目指すデザイナーやクリエイターを支援する施設として2004年4月に旧小島小学校の校舎を活用して設立されました。元より多くの職人により育まれてきたものづくり文化のある三小鳥エリアに、今では、ここを卒業して独立開業したクリエイターが活気と彩りを生み出しています。(デザイナーズビレッジホームページより転載・編集)

CREDIT

主催:鳥越本通り商盛会/企画・共催:東京大学建築学専攻 Advanced Design Studies/共催:NTT 都市開発(株)・(株)新建築・ものづくり横丁/後援:台東区